役立つ面接情報

役立つ面接情報

社会人としての最低限のマナー

当たり前のことですが、面接の日時が決まったら、絶対に遅れないようにしなければいけません。一般的には、面接を行う企業の最寄りの駅などで派遣会社の担当者と待ち合わせをして2人で面接に伺うことになりますので、決して時間ギリギリに行かずに、余裕をもって待ち合わせ場所へ行きましょう。
服装についてですが、新卒や社会人になって間もない人であれば、一般的に言われているリクルートスーツでOK。30代以降のキャリアを積んだ女性であれば、特にリクルートスーツに拘る必要はありませんので、きれいめのパンツやスカートにジャケットがあれば十分です。男性であれば、スーツにネクタイを絞めればOK。いずれも、シワのない、清潔感のある服装を心がけましょう。
履歴書や職務経歴書といったものは、事前に派遣会社で作られた登録データを元に作られてすでに提出されている場合が多く、特にこの時点で自分で準備する必要はありません。メモ帳と筆記用具があればよいでしょう。

自己アピールと企業について予習をしておこう。

面接当日に、本人が特に準備するものはありませんが、予め自身の簡単な経歴やアピールポイント等を話す練習をしてほいた方が良いでしょう。特に、突然自己紹介を求められることに慣れていない人にとっては、この自己紹介というのものは、意外と難しものです。自分の経歴のポイントや強調したいことを予め頭の中で整理しておけば、短時間で要点がはっきりしている自己紹介が出来、結果、コミュニケーション能力と言った部分のイメージアップにつながります。
一緒に仕事をする上で、スキル以上に大切なことは、他のスタッフとのコミュニケーションがうまく出来るかどうかです。企業にどんな形で属していても、同じ職場で働く以上、コミュニケーションが欠けていては、もうそこに居る意味がなくなってしまいます。
ぜひ、自分の言葉で、これらの二つのこと、スキルとコミュニケーション能力について、しっかりアピールして、面接を成功へと導きたいものですね。

 

派遣会社の人気ランキングはこちら>>