登録方法と注意点

登録方法と注意点

登録は大事です。

登録方法をご紹介しましょう。まずは、インターネットなどで、派遣会社を選びます。サイトを見て、気になる求人があるか、福利厚生はどのようになっているか、会社の傾向や特徴を把握して、登録したい会社を選びます。出来るだけ早めに派遣のお仕事を開始するには、複数登録しておく方が良いでしょう。
インターネット、もしくは電話で登録の予約をします。予約をして、面接日が確定したら、面接当日に、派遣会社へ行き、面接を行います。面接では、主に、これまでの職歴や持っている資格、更にこれからどのような仕事をしていきたいか、というようなことを聞かれます。この内容を元に、担当者は、派遣を希望している企業とのマッチングを行います。
この面接の場所では、担当者は職歴と同様に、この派遣スタッフがどのような性格なのか、といった人となりも見ていますので、きちんとした服装と、身だしなみで行くのがおススメです。本番の企業への面接の練習と思って、しっかり自分をアピールしましょう。

出来るだけ、書いておきましょう。

登録時には、面接、職歴データの作成の他にも、会社によっては適性検査やスキルチェックと言ったことも行います。これは主に、ペーパーでの筆記や、パソコンでのチェックになります。
特に現代では、パソコンスキルは必須ですので、タイピングスピードや、文書作成ソフト(MS Wordなど)、表作成ソフト(MS Exelなど)のスキルは、業種や職種に関わらず、ほとんどの職場で重要になります。更にプラスアルファで、データ管理を行うAccessやプレゼン資料作成に便利なPower Pointが使えるなら、更に強みになります。
面接時にどれだけ自分のスキルをアピールするかはとても重要になります。パソコンスキルや資格も大事ですが、実際、過去の職歴の中で、どのようにして仕事の効率化を図った、会社の売り上げに貢献した、経費削減に成功した、といった具体的な例もしっかりアピールしておくと、担当者もイメージがわきやすいものです。

 

派遣会社の人気ランキングはこちら>>