サポートスタッフの存在

サポートスタッフの存在

頼りになるのがサポートスタッフです。

派遣社員と企業をつなぐ大切なポジションを担うのが、サポートスタッフと呼ばれる人たちです。簡単に言うと、派遣社員のマッチングや派遣後のケアをしてくれる人のことを、サポートスタッフと言います。会社によっては、アドバイザーとか、簡単に営業担当者と呼ぶところもあります。
派遣登録をするため、初めて会社を訪問した際に面接をするのがこのサポートスタッフです。まずはこのサポートスタッフに自分のこれまでの経歴や今後、どのようなお仕事を求めているのか、といった仕事の面と、自分の性格、仕事に対しての考え方、といったものを理解してもらいましょう。登録データの作成をしながら面接が進んでいきますので、よくコミュニケーションをとることが大切。この登録データと面接時のイメージで、アドバイザーが企業とのマッチングを行います。そのため、面接での丁寧な作業は、必要不可欠です。より自分のイメージに近い条件の職場を見つける近道になりますよ。

契約期間開始後も頼れる存在に。

サポートスタッフは、派遣先が決まってから、実際にお仕事を開始してからも、派遣スタッフにとって心強い存在になります。
もし派遣先との問題や気になる点など、なんでも気が付いたことがあれば、このサポートスタッフに相談しましょう。万が一、職場環境が業務に支障をきたすようなものである場合、速やかにサポートスタッフに相談して、改善してもらう必要があります。そのためには、まずは契約内容をよく把握していること、それにサポートスタッフとしっかり信頼関係を気づいておく必要がある、ということ、この二つがカギになります。
派遣社員として働くメリットの一つは、職場の人と自分との間に、ワンクッションある、ということです。正社員であれば、直接上司に言えず、口を閉ざしたままにしてしまうことも、このサポートスタッフに相談することで、自分自身の職場環境をしっかり守ることが出来ますよ。そのほかにも、契約内容、契約期間終了後の次の紹介、待遇面での確認など、派遣スタッフのあらゆる場面でこのサポートスタッフは登場することになります。

 

派遣会社の人気ランキングはこちら>>