派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員のメリット

派遣社員として働くメリットは、第一に勤務先の幅が広がる、ということです。自分のスキルを活かして、タイミングが合えば、夢の大手企業でのお仕事も夢ではありません。自分がこれまで培ってきた知識と経験を活かすチャンスがあります。また、これまでと違う業種や職種にチャレンジしたい時も、自力で就職先を見つけるよりも、派遣社員として紹介を受けた方が、断然可能性が高くなります。
派遣社員なら、派遣会社が独自で行っている研修を利用して、無料でスキルアップをすることが出来ます。自分の強みを増やして、更にさまざまな企業で活躍する可能性が増えます。
雇用主は、派遣会社ですので、職場環境についてのクレームを上げやすい、というのもあります。正社員なら、職場環境の問題点を上司に挙げると、査定に響いてしまう、ひいては給与が大幅に減給になってしまった、なんてこともありますが、実際の職場との間に担当者が入ることによって、安心して仕事に打ち込めるというのもメリットの一つです。そのほかにも、時間に換算すると、派遣社員の方が良かったりすることもあります。

派遣社員のデメリット

派遣社員のデメリットの一つは、やはり雇用が安定していない、ということです。有期のお仕事ですから、契約期間が終わり、次の派遣先の紹介がなければ、その間はお仕事がなく、収入がないということになります。雇用期間中であっても、単純に、労働した時間数で給料が決まりますので、GWなどの長期休暇が入ると、収入は目に見えてダウンしてしまいます。金銭面で言うと、もちろん、ボーナスといったものも、諸手当もありません。
長期が前提とされていても、更新時期の度に、次は更新があるのだろうか、といった心配をしなければなりません。
派遣社員を雇用することに慣れていない派遣先に行くと、仕事内容が曖昧になったり、具体的にどんなことをすればよいのか、なかなか把握しづらい環境になることも。このような会社の中では、必要以上に正社員と区別されたりすることもあり、チームワークとか、仲間意識といったものが薄くなりがちですので、なんとなく疎外感を持ってしまうこともあります。
自由に働けるメリットの反面、このようなデメリットも理解しておきましょう。

 

派遣会社の人気ランキングはこちら>>