正社員のメリット・デメリット

正社員のメリット・デメリット

正社員のメリット

派遣社員と比較して、正社員のメリットとはなんぞや?とお思いのあなたに、正社員のメリットをここでお話してみましょう。
正社員のメリット、第一には、雇用と給料が安定している、ということが言えます。有期ではありませんので、基本的には、自分から退職の希望する場合か、会社の事情で退職を余儀なくされる(リストラ、倒産などの)場合以外は、とりあえずは、雇用はずっと継続されます。
第二に、待遇の面にメリットがあります。特に給与面ですが、正社員だと、賞与の制度があります。派遣社員には賞与の制度はありませんので、この差は大きいと感じるかもしれません。世間で夏のボーナスなどと話題にしているときも、他人事になってしまいます。
また、正社員には、クレジットカードを作るときや、ローンを組む時の、社会的信用度があります。特に住宅ローンや、まとまった額の借り入れをする際は、勤続年数が多い正社員と、派遣社員とでは、審査結果は異なります。

正社員のデメリット

派遣社員と比較して、正社員のデメリットを考えてみましょう。
正社員だと、長年の社内の人間関係に悩まされることがあります。上司との関係とか、社内の派閥とか。実は、社内の人間関係や職場環境というのは、会社を辞める理由の第一位に挙げられるほど、とても重要なものなのです。給与、役職といった待遇的なものよりも、断然、この人間関係がストレスになって会社を去る人は意外と多いものなのです。
次に挙げられるデメリットは、希望の職種につけない可能性がある、ということ。これは特に大手の企業に言えることですが、異動により、技術職だった人が営業職になったり、といった大幅な異動により、希望の職種に付けなくなり、退職に繋がったという人も少なからずいます。
その他、職種によっては、ノルマを課せられることもあります。長期休暇を取りにくい、といったことも挙げられます。退社後の会社の行事がおっくうと考えている人には、歓送迎会などの行事もデメリットに感じるかもしれません。

 

派遣会社の人気ランキングはこちら>>